おいしい新鮮野菜を食べよう!official movie website

うぐいす菜

 

根っこを六角形に抜いて、わんだねとして出てくる・・・まさに料亭専用の野菜の筆頭として挙げられるのが、うぐいす菜です。種をまいてからは収穫まで、大体45日ほどです。昔は春の初めに種をまいておけば、5月中旬には、うぐいすがちょうど上手に泣き始める頃に収穫したので、その名前が付いたと言われています。

 

現在では年中、収穫と出荷が可能になっていますが、やはりうぐいす菜も季節感と言うものは大切にしていきたいものです。いまや、カツオも1年中ありますが、うぐいすの泣き声だけは、やはりこの時期のみ、うぐいす菜もそうであってほしいと思います。ですが現在では、正月用の商品と言うものにたっています。

 

うぐいす菜の発祥地

うぐいす菜は、京都三大名水といわれている、一つ二条城の南側の神泉苑あたりと言われていて、江戸時代中期に天王寺の早生種の中から誕生したと言われています。神泉苑あたりで発育したと言うこともあって、広く庶民の間で広がると言うよりは、公家や武士の上流階級内で重宝がられ、料理屋さん専用の野菜となっていたのです。

 

うぐいす菜関連ページ

菜の花
美味しい野菜なら野菜が嫌いな子供でも食べられるようになるかもしれません。安心で安全な新鮮野菜をいっぱい食べて健康的な生活をおくっていきましょう
九条ねぎ
美味しい野菜なら野菜が嫌いな子供でも食べられるようになるかもしれません。安心で安全な新鮮野菜をいっぱい食べて健康的な生活をおくっていきましょう
青味大根
美味しい野菜なら野菜が嫌いな子供でも食べられるようになるかもしれません。安心で安全な新鮮野菜をいっぱい食べて健康的な生活をおくっていきましょう
堀川ごぼう
美味しい野菜なら野菜が嫌いな子供でも食べられるようになるかもしれません。安心で安全な新鮮野菜をいっぱい食べて健康的な生活をおくっていきましょう
九條くわい
美味しい野菜なら野菜が嫌いな子供でも食べられるようになるかもしれません。安心で安全な新鮮野菜をいっぱい食べて健康的な生活をおくっていきましょう